2014年04月20日

映画「嗤う伊右衛門」の感想 & DORA麻雀の役「槍槓」

今日は19時から雷雨みたいだわ( ̄○ ̄;)ウォー!( ̄∇ ̄; )ゲケーン!( ̄□ ̄;)ガーン゙!

天気が悪いなら面倒だな~ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ

デートがありますからね[壁]=゚▽゚)ノ ヤァ♪
まっ、いっか♪
キャンセルキャンセル(´0ノ`*)オーホッホッホ!!

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

ここんとこ映画一筋な感じなので感想をご紹介したいと思います☆^∇゜) ニパッ!!

え!?あんたの感想ではないの??
という感想はスルーで┫ ̄旦 ̄┣ フフッ


今回は「嗤う伊右衛門」の感想を紹介したいと思っています!!!!( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


この映画が作られた年は2003年です

監督は蜷川幸雄で、脚本が筒井ともみです。v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪

この映画の主役は唐沢寿明 (民谷伊右衛門(岩の夫))や小雪 (民谷岩(伊右衛門の妻))です!!!(*'へ'*) ンー

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
唐沢寿明 (民谷伊右衛門(岩の夫))、小雪 (民谷岩(伊右衛門の妻))、香川照之 (又市(御行乞食))、池内博之 (直助(伊右衛門の隣人))、椎名桔平 (伊藤喜兵衛(筆頭与力))、六平直政 (宅悦)、藤村志保 (お梅)、谷口高史 (伊右衛門の父)ってな感じ。y( ̄ー ̄)yピースピース

原作どおりにしたからあんな言葉なのか、

それとも、「お岩さん」と言えば「うらめしや~」だから、

「うらめしや~」とバランスをとるために

そうしたのか分からないけど、とに

かく分かり難かった。



人間関係もそうだしさぁ…。



登場人物に語らせることで過去の出来事を

伝えようとすることによって、その過去を

衝撃的に「観せる」効果もあるだろうが

、語らせ過ぎ!! 5時間くらいの作品に

したら良かったのに。





観ないけど。



(たぶん、原作をじっくり読んだ方が

面白いだろう。



)役者さんたちのハードな頑張りに

は賛辞を送りたいんだけどな。



◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

麻雀の役って一杯ありますよね~。ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は槍槓を説明したいと思います!!(●´▽`●)_旦"☆"旦_(○´ー`○)カンパイ


他の人が加槓した場合、その牌が自分のの和了り牌であった場合
には「ロン」することができ、この時槍槓(ちゃんかん)という役が成立します_( ̄▽ ̄)ノ彡☆ばんばん!

1飜

あなたの手が、
1索 2索 3索3ピン 4ピン 5ピン6ピン 7ピン 8ピン六萬 八萬8索8索


とすると、嵌張待ちになっていますね。


この際、他の誰かがすでに待ち牌をポンしていたとします。

あなたの待ち牌はすでに3枚使われているわけですから、
残り1牌しかありませんよねアセアセ...A=´、`=)ゞ


そこで、その相手がさらにを引いてきて、カンをしたとします。


本来なら当たり牌を全て使われてしまったので、
あなたはあがることはできませんが、
ここであなたは「ロン」が可能ののです!


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀の場代システム

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

槍槓(出現割合:0.05%)
他家が加槓(小明槓/ショウミンカン)した牌が当たり牌だった場合に成立。
一翻役とは思えないぐらい出現率が低いので、狙うとか狙わないとかの話ではない。
強いて言えばリャンピンが場に3枚出て、イーピンを他家が鳴いた時、待ちがイースーピンの場合、不要牌であるイーピンは必ず出る……ということもあるだろうが、一翻役とはいえ決して狙いに行く役ではない。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。( ̄-  ̄ ) ンー


この辺りで!
しかし今日は肩が痛いなあ
疲れたので寝よ~っと( ̄○ ̄)お( ̄◇ ̄)や( ̄ο ̄)す( ̄ー ̄)ノ~~~み~♪・:*:・゚★,。・:*:・゚☆



おすすめ記事




posted by EOShii at 06:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。