2014年04月19日

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 77 $の負け & 映画「ゴースト/ニューヨークの幻」のレビュー

季節ももうすっかり夏が終わり秋だね~(▼-▼*) エヘ♪
寝るときもちょっと肌寒く感じ毛布を用意していないと寒い気がします
秋風邪にならないために用心しないと!o(・ω・o)=з=зブンブーンε=ε=(o ・ω・)o

++++++++++++++++++++++++++++++++

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の魅力を伝えたい!と燃えております!!!!_(-_- )ノ彡☆ばんばん!
とは言ってもyahooに載ってる感想ですがラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ


今日は「ゴースト/ニューヨークの幻」の感想を紹介したいと思っています!!(o^∇^o)ノ


この映画が作られた年は1990年です

監督はジェリー・ザッカーで、脚本がブルース・ジョエル・ルービンです!!!o(〃^▽^〃)oあははっ♪

この映画のメインは何と言っても!!!パトリック・スウェイジ (サム・ウィート)、デミ・ムーア (モリー・ジャンセン)です。(-_-)ウーム

この映画の他の俳優さんを列挙すると、ウーピー・ゴールドバーグ、トニー・ゴールドウィン、ヴィンセント・スキャベリ、スティーヴン・ルート[男優]ってな感じ。d(゚ー゚d(゚ー゚d(゚ー゚d(゚ー゚)b゚ー゚)b゚ー゚)b゚ー゚)b yeah!

この映画ってヒットしたじゃないですか。

当時、それがどうしてかさっぱり理解で

きなかった。

パトリック・スウェイジって垢抜けないし、

いまいちパッとしない存在だし、愛していても触れることが

できないってーのが切なくて美しいっつー振れ込みだったけど、

切なさが感じられなかった。

ウーピーだから少しコメディなんだけど、

ロマンチック、コメディ、オカルトの3つが

上手く料理されてない感じ。



バラバラ。



++++++++++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~。わーい♪ヽ(∩。∩゛ヽ)(ノ〝∩。∩)ノわーい♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は三槓子に焦点を当てたいと思います!!\(o⌒∇⌒o)/


三槓子(サンカンツ)というのはリスクの割に安い役ですね。
ここでは、大先生役の清水と生徒役の菊池のお二人に出てきてもらいましょう。


・カンを3回する(=槓子(カンツ)を3つ作る) アンカン ミンカンどちらでもOK
・ポン チーしてもハン数に変化はない
・カンするたびにドラが増えるため 相手を有利にさせることにもなる


清水『これは「槓子/槓子」を3つ用意すればいいのです。』


菊池『じゃあよ、全部 暗槓(アンカン)の時、さっき覚えた「三暗刻(さんあんこ)」も複合するわけですか???r(・x・。)アレ???』


清水『理屈上はそうです!この時は「三暗刻(サンアンコー)+三槓子」になりますぷぷぷぷっ!!(* ̄m ̄)ノ彡_☆ばんばん!

また、以前に紹介した「対々和(といといほー)」などとも複合するため、注意するべきです
基本的に麻雀では「3枚1組」の「コーツ」が「4枚1組」の「槓子(カンコ)」になっても、役割はあまりかわりません。

ただしですね、この役は本当に登場しません! 

まだ役満の「四暗刻(スーアンコ)」などのほうが見かけます。

相手にこの三槓子をあがられた際でも
「むしろ見れてちょっと嬉しい」ぐらいの勢いがある|* ̄ー ̄|』


菊池『おっしゃるように理屈上は「三暗刻+三槓子(サンカンツ)」みたいなことも可能ですが、三槓子(さんかんつ)単独でも見かけないですよね…。

私のデータでは普通の役の中で唯一、役満より出現率低いですよ┐(´-`)┌』


清水『この役は、はじめっから「三槓子(サンカンツ)」を狙ってやろう!と思って、
できる役じゃなくて、なんとなく流れで「サン槓子(カンツ)」を狙える状態になってしまった、なんて場合にしか出来ません(・x・)ぷっ

配られた時点から「よし!三槓子(サンカンツ)狙おう!」とか普通はないですよね。

ドラが3種類も増えることになりますから、非常にカオスな場がつくりだされます。

またカンを2人以上の人間で4回やってしまうとゲームが途中で終わってしまうルールがあるのです。

これは「四開槓(スーカイカン)」と呼ばれるルールで、

2人以上で4回のカンが成立した時点で流局の扱いになる。』


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


------------------------------------------------------

三槓子(出現割合:0.005%)
実は役満と同じぐらい出現率が低いのが三槓子。
カンを三回やるだけ、というと簡単そうに聞こえるが、そもそも明槓をしたとしてもそう簡単ではない。それもDORA麻雀でも四回カンをしたら流れる「四槓散了」を採用しているので難易度はさらに上がります。加えて、ドラの扱いが非常に怖い。勝負手でカンを繰り返し結果的に三槓子なら良いが、「とりあえずカン!」を繰り返し三槓子が付く状態でテンパイしただけならむしろリスクの方が高いかも。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じσ(゚・゚*)ンート・・・


明日は待ち焦がれた小学1年生の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだなあ~~(^◇^)ケッケッケ...



おすすめ記事




posted by EOShii at 06:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。