2014年04月07日

映画「スパイ・ゾルゲ」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 103 $の勝ち

今日は昼から雨みたい(゚◇゚)~ガーン

天気が悪いならば嫌だな~( ̄□( ̄□( ̄□ ̄;)!!ガーンガーンガーン………

デートがあるんだよね。・゚・(ノε`)・゚・。
まあ、いいか♪
キャンセルキャンセル( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の感想を紹介したいと考えています![壁]ー ̄)ニヤッ( ̄ー ̄)ニヤリ( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤーーーリッ
ってヤフーに載ってる感想ですが(^ー゚)ノヤッタ♪(ー゚ ノ)クル(゚ ノ)クルヽ() クル( ゚ー)クル(゚-^v) ブイ♪


本日は「スパイ・ゾルゲ」の感想について紹介しようかと思っています!!!ψ(○ `∇´ ○)ψイヒヒヒ


この映画の製作年は2003年です!!!

監督は篠田正浩と原正人で、脚本が篠田正浩です!(´_ゝ`)クッククク・・(´∀`)フハハハ・・( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

この映画のメインは、イアン・グレン (リヒャルト・ゾルゲ)や本木雅弘 (尾崎秀実)です!なんだっけ?(゚~゚)ヾ

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、永澤俊矢 (宮城与徳)、椎名桔平 (吉河光貞)、上川隆也 (特高T)、榎木孝明 (近衛文麿)、大滝秀治 (西園寺公望)、小雪 (山崎淑子)、夏川結衣 (尾崎英子)、岩下志麻 (近衛夫人)って感じですね┌( ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・

史実を映画で知ろうとしたワタクシが

バカでした。

大戦前後の日本を辿るのに必死で、

映画らしい部分がまるでない。



役者の演技も酷すぎる。





でも、あの『梟の城』を撮った人と思えば

、「まぁしょうがないか・・・」と思えた。



これほど時間の経過を長く感じたのは

、ほんとに久しぶりでした。



みなさんと同じくラストのイマジンに

失笑。





●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

麻雀の役って一杯ありますよね~。ニャハハ(*^▽^*)
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は一気通貫に焦点を当てたいと思います!!♪☆キャハハ o(≧▽≦o)o(≧▽≦)o(o≧▽≦)o キャハハ☆♪


一通(イッツウ)とは普通「イッツー」と呼ばれ、
萬子(マンズ)・ピンズ・索子(ソウズ)いずれか一種類の数牌で「1・2・3、4・5・6、7・8・9」の
3つの順子(シュンツ)を完成させてアガった時につく和了り役です。

メンゼンだと2飜、鳴くと1飜に食い下がります。


狙ってできる役ではないが、ピンフとの複合が多いから、
門前(メンゼン)で作れば平和+一通で3飜、
ドラが一個でもあればマンガンの手です^^(‥ )^^^ ~~~ パタパタ


ドラが鳴ければ出来るだけ、鳴かずに作るのがよいかもしれません。


12345678

の時、待ち牌は、3、6、9ですが、9であがれば
一気通貫(イッキツウカン)(イッキツーカン)が成立しますが、他では成り立たない。


一気通貫(イッキツウカン)(イッキツーカン)だけを考えていると、
他の待ち牌が見えなくなってしまいフリテンとなるんです場合もありますため、
視野は広く落ち着いてじっくり考えましょう☆(-_只)キラン★(-_今)キラン☆(-_参)キラン★(-_上)キラン☆



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

一気通貫(出現割合:1.75%)
麻雀の中で扱いが難しい役の一つがこの一気通貫。
頻度自体も少ないことから、面前で一気通貫を作れるものならばどうしてもホンイツやチンイツも視野に入れた手に流れて行きそうで、そうなると食い下がりになってしまったりとどうしても境界線が引きにくい役。それでいてあえて一気通貫を崩したくなる場合も多々ある。(12334566789等こういう状況) ケースバイケースで使い分けていきたい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。(~ヘ~;)ウーン


本日はこの辺で!
しっかし今日は何故か顔が痛い。。治ってほしいなあ。。
おやすみ~オ(*゚o゚*)ヤ(*^0^*)ス(*゚▽゚*)ミィ(゚-^*)ノ""マタネ♪

DORA麻雀の評判は?




おすすめ記事




posted by EOShii at 03:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。